多様性と人材登用

異なる文化、別種のキャリア。違う人生を歩んできた人たちが集い、共通の目的のために手を携える。どうせなら、互いの違い(例 事実を複眼的に認識できる!)を優位に換えたい! グローバル化した組織は、人材の多様性 diversity をどう活かすかに、あれこれ知恵を絞ります。相手の能力を正当に評価できれば、上手くいきます。日本には、学歴で人を測り、外国人=非日本人と排他し、女性登用を憐憫で眺める向きが遺っていますが、下剋上なしに多様性は活かせません(塊より始めよor織田信長)。効かない薬(例 coaching,inclusion)は捨て、「あんな奴に何が出来る?」病の克服を!Uncle Drew は良き教師です。