日銀買いで 株価上昇

 

株価は、好業績が期待できると上がります。好業績は給与増や配当増のシグナルなので、株全体の値上がり(≒日経平均の上昇)は好景気の判断材料です。しかし今、株価は日本銀行が買い支えています。物価2%上昇を掲げる日銀は紙幣を増刷し続け(:量的緩和)、その紙幣で株を買っているのです。この「日銀買い」は、上場投資信託(ETF)で行われます。日銀は信託銀行を通じて株式を購入。その分、株価は上昇。結果、日経平均は経済の実態から遊離。日銀が上場企業の筆頭株主になる異常も!(cf.2018年6月27日,日経朝刊)今の買い支えを続けたら…。日銀バブル、出口はある?崩壊しない? 

 

追記

日銀の株購入額は年間6兆円です。これだけの資金が株式市場に流入しています。一方で、株価(e.g. 日経平均)はそれほど上がっていません。この事実に注目ください。