日々、新たになる常識

さっきまでの経験しかない自分は、もうどこにも存在しないのでは…。エトムント・フッサール Edmund G.A.Husserl さんの指摘(『間主観主義の現象学』ちくま学芸文庫)は、常識の脆さを見事に物語っています。身体感覚に近い情報(≒動画+漫画)がインターネット上に増え続ける現在、わたしたちは簡単に過去へ旅立ち、新しい感覚を手にできます。タイムマシンYouTubeに乗れば、サッカー史上最高の試合の記憶を日々更新し、かなり旧い映画の予告編にドキドキ!なんて朝飯前。わたしのエンターテインメントに関する常識は、2017年のスーパーボウル・ハーフタイムショーによって変わりました。レディ・ガガ Lady Gaga さんのステージです。