価値喧伝の有効性

 

増量or値引き=付加価値アップ=お得。この手の…売る側思考の価値論に対する反省から経験価値という概念が生まれました。「価値って言うけど、わたしの役に立つ?」を問うニュアンスが売り。意味的にはニーズneedsや便益benefitと同類です。価値は顧客が決めるんだよね!の認識(:マーケティングの原点)に立ち戻れるので流行りました。そんな価値概念も、実は万能ではありません。母の日に贈るカーネーションを思い浮かべください。その(経験)価値は?ニーズは?便益は? 考えてもピンと来ないでしょう。世の中には価値概念と無縁の消費が存在します。お茶(有料)をいただき、心、穏やか。これも無縁。利を得たい欲求から脱した消費に、価値云々を喧伝する画策は響きません。具体例を探して確認ください。


 

追記

経験価値って、言葉そのものが論理破綻を起こしている気がします。わたしたちは、価値の高低を見定めてから経験するかしないか?を決めているでしょうか。