便利だけど…は 淘汰される

 

便利だけど、安くない。このポジションを目指す小売店に未来はありません。たとえば、駐車料金が割高な駅前のスーパー。すべてを見抜く今の消費者は、機があればライバル店(ミニスーパーや個人店を含む)にあっさり乗り換えます。とくに東京は危険。これから自転車全盛になるので、少し遠くで買い物!は当たり前になります。さて、買い物圏の広がりは、消費者の選択眼を養います。良質で価格も手頃なら、買う際に、知名度・ブランド・イメージを問わないようになるでしょう。こうした需要変調を、規模や店格、今の経営術(例 リベート依存)を理由に受け容れない小売業は、大手であっても衰退していくでしょう。ただし、本当の富裕層だけが住む地域は別です。非常に限られたスペシャルな市場ですが。