ステレオタイプの弊害

 

よく知らない事象に対する安直な偏見をステレオタイプ stereotype と言います。「アメリカの人って〇〇だよね」「それって、ステレオタイプだと思うよ」的に使います。議論にステレオタイプを持ち出す人は、真実から遠くにいます。たとえば、先ほどのアメリカ人という言い回し。アメリカに行けば、暮らしている人が一様ではないことは誰にでも解ります。それを一括りに語る危うさ。日本のオジサン、オバサンも似たようなものです。よく知らない⇒想像⇒脚色⇒偏見。恐るべき誤解の広がり。マーケティングでは絶対にやってはいけません。(cf 欧米系企業の広告にみる、日本人イメージにプププと吹き出さないでくださいね!)

ステレオタイプについて詳しく知りたい方は、ウォルター・リップマン Walter Lippmann 著『世論』(岩波文庫)をどうぞ。